片手にラヂヲ♪ ホーム感謝(兼リンク)

最終更新日:2010/03/15

感謝 (兼相互リンク)

このサイトは,世界中の多くの人達が積み上げてきた,短波放送に関する様々な情報の蓄積,そしてラジオを心から愛してやまない友人達の応援に支えられています。
そんな感謝のキモチにかえて。

相互リンク!(リンク成立順)

中国語放送の宝庫
BCL 短波放送のコーナー
中国語のエキスパート,Koichi NAKANOさんのサイト。各国中国語放送のスケジュール情報が,(たぶん世界一)充実しています。
サイトは日本語と中国語の二本立て(中国語は簡体字と繁体字があるので三本立て!)で,中国12億の皆さんに向けての情報発信もしています。
闘魂のVCLer
Atlanta DX Online
米在住日本人最強(!?)のDXerとして勇名を馳せる,Jack C. Ohmoriさんのサイト。
地の利を生かした南米局を中心とした受信情報,ご自身の活動報告のほか,各種資料が充実。娘さんと息子さんの育児ページと化しつつもありますが…。(^^)
美味しい英語放送
KAYS
調布のKAYSご夫妻のサイト。ご近所のおいしいお店+国際放送の情報の二本立て(!)です。
KAY2さん担当の各国英語放送の記事は,日本語で読める情報としては貴重です。また,「ダイエット体験記」と「レーシック(近視矯正手術)体験記」てな,ミにつまされる^^;の記事もあります。
VCLer期待の新星
TOSHI's QSL Card Gallery
TOSHIさんのQSLカード紹介ページ。
それにしても,この受信歴の若さにして,このQSLカードの数,キアイ入りまくってます。QSL一筋のこのページ,これからの長い人生,どこまでやるか楽しみです。
ラヂヲのタスマニア島
愛しのB級ラジオ博物館
"CheapでKitschな中に,ある種のPathosを感じさせ","「うさんくさい」風貌をしている"ラジオ(どんなんだ^^;)のコレクションを紹介する,ラヂオクマさんのサイト。
要するに,ディスカウントショップに並ぶ,ちょっと変わった形の安物ラジオですが,「展示室」に並び居るその数,怒濤の100以上!ラジオの珍獣とも言える展示物すべてに,ラヂオクマさん(館長もクマさんだ)の愛情に充ち満ちた美しい文章が添えられています。キワモノどころか,イノチある愛玩物としての魅力に開眼させられます。そんな愛情は,「研究室」のハードの知識にも支えられています。
愛され続ける「幻の日本語放送」
RAE資料室
"BCLブーム"の頃から,受信の難しさでその名を知られる「アルゼンチン海外向け放送(RAE)・日本語放送」を追い続けるページ。
同放送に関する資料,記録が満載です。(公式のものがない番組表は,管理人さんの努力の結晶です!)「幻の日本語放送」が愛され続ける理由は,ここで解き明かされる?でしょうか。
オハイオでもラヂヲ
Welcome to My Life In Ohio
転勤でアメリカ・オハイオで生活されている,中西さんのサイト。アメリカでの生活のおもしろいこと,オドロいたことをイキイキとつづった「オハイオ日記」がメインです。
海外で短波を聞くためのアドバイスを簡潔・的確にまとめた「オハイオ生活 日本の短波放送の受信: オハイオでNHKを聞くには、、、」,さらに「オハイオ日記 04-12-23 NHK短波放送を聞いています」に見られる,家中に置かれた通信機型受信機の数々を見るにつけ,タダモノではない^^;ことがわかります。
データ集積の芸術
AMラジオ遠距離受信とPODの!?な趣味
AMでの遠距離受信の方法,日本全国の放送局データなどを網羅した「AMラジオ遠距離受信の部屋」がメイン。ラジオの使用レポート,日本各地での受信状況などの独自データも充実。データの集積度がすごいです。
もう一つのメイン「生活お役立ちリンク集」は,メディア,アミューズメント,パソコン,交通,経済,教育・研究機関,企業情報,旅行のサブジャンルにわたる,膨大な情報源のリンク集です。管理人PODさんの驚異的に幅広い興味の芸術的表現とも言えるサイトです。
日々積もるラジオの世界
国際短波放送情報
日々ラジオに耳を傾け,放送に関する情報を蓄積し続ける,Hosoyaさんのブログ。
案外ネット上に出てきにくい,日本語放送を中心とした番組のモニターにもとづく情報が充実しています。地道な作業ですが,簡単そうに見えてなかなかできないことです。
QSLカードや関連資料の紹介も充実していて,貴重な1960年代のものはもちろん,氏がリスニングを再開した1990年代のものも,今や懐かしさを感じるようになりました…。
時折掲載される,ラジオと一緒の旅行記はうらやましい限り。


(c) 2002-2010 gota

片手にラヂヲ♪ ホーム感謝(兼リンク)
inserted by FC2 system