片手にラヂヲ♪ ホーム短波ラヂヲの世界へのお誘いこんなもんが聞こえますぅ〜♪海外からの日本語放送 宗教系

日本語放送
極東アジア 東南アジア 西アジア・中近東
ヨーロッパ・CIS 南北アメリカ 宗教系

海外からの日本語放送

−宗教系−


FEBC(HLAZ) Reach Beyond (HCJB) WHR/T8WH Palau WHRI Bible Voice
KTWR WYFR AWR(KSDA) (^^)

FEBC (Far East Broadcasting Co., Korea - HLAZ)

(最終更新日2006/01/25)

日本時間 周波数:kHz
21:30〜22:45 1566

大韓民国 121-707 Seoul麻浦郵逓局私書凾88号 FEBC-Korea(亜細亜放送)
〒180-8691 東京武蔵野郵便局私書箱36号 日本FEBC

Eメール: opinion@febcjp.com
(日本語対応)
Webサイト: http://www.febcjp.com/
★オンデマンド放送あり

[ひとこと]

韓国南端の島,済州島から送信されています。
宗教色が濃く,ほとんどが「説教」です。
ちなみに,"BCLブーム"の頃のコールサインは「HLDA」でした。


Reach Beyond (HCJB Australia)

(最終更新日:2016/09/03)
日本時間 周波数:kHz
土・日 07:30〜08:00 17760
土・日 19:55〜20:24(再放送) 15400

〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会HCJB係

Eメール: kozaki@reachbeyond.org
Webサイト: Reach Beyond 日本語Webサイト
http://japanese.reachbeyond.jp/

淀橋教会
http://www.yodobashi-church.com/

[ひとこと]

かつて「アンデスの声」として,南米・エクアドルから放送していたキリスト教系放送です。

2000年12月31日の短波での日本語放送終了後,担当の尾崎一夫・久子夫妻は,拠をアメリカ・シカゴに移し,インターネット放送を続けるほか,時折短波での特別放送も行っていました。
そして,HCJB Australia(2003年放送開始)のオーストラリア北東のKununurra送信所に,エクアドルから100kW送信機が移設されたのを機に,2006年6月3日にオーストラリアから日本語放送を再開,同年8月には「HCJBワールド・オフィス」が東京・淀橋教会に発足しています。(「ミニ情報・過去記事」参照)
なお,"HCJB World Radio"と名乗っていた運営母体は,2007年1月1日から"HCJB Global",さらに2014年1月22日に"Reach Beyond"と名称変更しています。

番組内容は,土曜日が「聴取者とのふれあいを中心にした番組」,日曜日が東京・淀橋教会の自主制作番組です。

余談ですが,「HCJB」は本来エクアドルの放送のコールサインですが,"Heralding Christ Jesus' Blessings"という言葉もあてられていて,放送局名としても通用しています。

※ 尾崎久子さんは,2006年9月17日,現在の居住先であるアメリカ・イリノイ州ウィートンの自宅で心不全のため亡くなられています。享年81歳でした。(「ミニ情報・過去記事」参照)


World Harvest Radio (WHR/T8WH Palau WHRI)

(最終更新日:2012/03/25)
日本時間 周波数:kHz
土 17:00〜18:00 (主の来臨に備えて) 9930
World Harvest Radio Webサイト: http://www.whr.org/

「主の来臨に備えて」
Ms. Mieko Namihira, P.O. Box 821791, Vicksburg, MS 39182-1791, U.S.A.
http://namihira.org/

[ひとこと]

外部制作のキリスト教番組のみです。パラオ送信で,電波はごく強力です。


Bible Voice Broadcasting

(最終更新日:2016/02/16)

我孫子バプテスト教会から,2016年1月末をもって短波放送を終了したことがアナウンスされています。(情報源:http://www6.plala.or.jp/abikoch/sub15.html)

2015年10月25日現在スケジュール
日本時間 周波数:kHz
日 20:30〜20:45 21480 (マダガスカル送信)

Bible Voice Broadcasting
P O Box 425, Station E, Toronto, Ontario, Canada M6H 4E3

Eメール: mail@biblevoice.org (日本語未対応)
Webサイト: http://www.biblevoice.org
オンデマンド配信(「希望の灯」):http://www.bvbroadcasting.org/s/shows/view/1076

局には日本語のわかるスタッフがいないので,連絡は英語で。

[ひとこと]

イギリスに本拠地を持つキリスト教系放送局で,カナダの"High Adventure Gospel Communication Ministries"と共同で,2002年7月1日から放送を始めています。日本語放送は,2003年10月7日以来,試験的に行われていました。
現在放送されている番組は,我孫子バプテスト教会制作「希望の灯」です。
日本語放送開始当初は,「聖書と福音」とあわせ,30分間の放送でした。


KTWR フレンドシップラジオ- Trans World Radio

(最終更新日:2017/03/26)

2017年3月26日変更スケジュール

日本時間 周波数:kHz
日 21:15〜21:45 9900

同局では,2017年夏期(3月下旬〜10月下旬)の放送継続を発表しています。(情報源:「フレンドシップラジオからのお知らせ―緊急告知!"乗り合いバス的番組"の行方について(2017.2.13)」)


Webサイト: http://friendshipradio.net/ktwr.htm

[ひとこと]

"24時間キリスト教ラジオ放送"の「フレンドシップラジオ」の制作,運営をしている一般社団法人ビー・ジャパン(bjapan.jp)が,2014年3月30日から2014年10月19日の毎週日曜日,半年のテスト期間でグアム・KTWRからDRM(デジタル放送)で日本語放送を行い,さらに2014年11月2日以降,日本語のアナログ放送が継続されています。

番組の担当者は,「ちゃっきー」さん(女性)と「谷」さん(男性)とホストネームを使い,二人とも1960年代生まれ,1970年代に短波ラジオに触れていた経歴があるビー・ジャパンの職員とのことです。
番組は,主にリスナーからのお便り,担当の二人やリスナーの年代に合わせた1970年代,1980年代の洋楽が主で,宗教色は薄めです。

1977年に開始された,太平洋放送協会(PBA)制作の日本語放送は,2007年3月24日夜の放送をもって終了しています。(「ミニ情報・過去記事」参照)

PBA制作の番組のいくつかは,短波放送の終了後も,各地の民放ラジオ局,インターネットでのオンデマンドで聴取可能です。
人気番組だった「ちぬちゃんのとまとクラブ」(出演:和泉ちぬ)は,PBAのサイトから,オンデマンド(毎週第2,4金更新)で継続されています。
また,2007年3月24日放送のKTWRの日本語放送終了の特別番組で,PBA制作の「希望のともしび」が,短波の"Bible Voice"で聞けると告知されています。

ちなみに,「フレンドシップラジオ」での放送再開には,PBAのティム・セランダー氏が関わっているとのことです。([情報源] BCL岩沙さんのお家ブログ 2014/03/28 「KTWR日本語放送再開」)


WYFR ファミリー・ラジオ (WYFR Family Radio)

(最終更新日:2016/02/16)

アメリカ・WRMI送信

下記放送が,2016年1月下旬から再開されているとの情報がありますが,当方では受信状態が悪く確認できていません。(情報源:海外からのラジオ放送 2016/02/01「WRMI Family Radio」)

日本時間 周波数:kHz 備考
19:00〜20:00 5850 WRMI(アメリカ・フロリダ)送信

290 Hegenberger Rd., Oakland, CA 94621, USA.

Eメール: international@familyradio.com (日本語未対応?)
Webサイト: http://www.familyradio.com/
http://worldwide.familyradio.org/ja/ (日本語)

局に日本語のわかるスタッフの有無が不明なので,連絡は英語でするのが良いと思われます。

[ひとこと]

2014年10月1日から2015年9月30日までの1年間,アメリカ・フロリダにあるRadio Miami International (WRMI)が,短波でのFamily Radioの日本語放送を試験的に実施,その後2016年1月下旬頃から再開しているとの情報もあります。
内容は聖書朗読ほかですが,英語番組の翻訳と思われます。

WRMIは,主にカリブ海,中南米に向けて,海外の短波局の中継や外部制作の番組を放送している商業局で,今回同局では,日本語放送のほか,中国語放送やヒンディー語などのアジア向けの放送を同時に始めていて,この試験放送でこの地域の受信状態をみる狙いがあることが伝えられています。

Family Radioは,元々は1958年にアメリカで設立されたキリスト教系放送で,アメリカ国内向けにAM,FMでの放送,海外向けにも各地の送信所から短波で多くの言語で放送をし,日本語放送も2005年4月に極東ロシア中継で始めていました。
しかし,同局の主宰者が,2011年5月21日の「最後の審判」の予言を外した後,短波での日本語放送は5月22日以降,冒頭英語でスケジュール変更をお詫びする旨のアナウンスを出し音楽のみ流し,6月16日以降電波が全て停止し,上記日本語サイトの「オーディオアーカイブ」にのみ番組をアップしていました。

[参考情報]

AWR (Adventist World Radio, KSDA)

(最終更新日:2010/10/31)

同局の短波での日本語放送は,2010年10月31日朝の放送をもって休止となり,今後は"AWR-Japan"からインターネットでの配信となっています。

〒241-8501 神奈川県横浜市旭区上川井町846 AWR日本語放送 希望の声係
(セブンスデ−・アドベンチスト教団 アドベンチスト・メディアセンター)

Webサイト:http://www.vopjapan.net/radio/index.html
★オンデマンド放送(MP3)あり

AWR, 39 Brendon Street, London W1H 5HD, England
Eメール: victor@awr.org (日本語未対応)
Webサイト: http://www.awr.org/

(c) 2001-2016 gota

片手にラヂヲ♪ ホーム短波ラヂヲの世界へのお誘いこんなもんが聞こえますぅ〜♪海外からの日本語放送 宗教系
inserted by FC2 system